ひろとBlog

出生数が最小に

 2018年に国内で生まれた日本人の子どもが92万1000人と、1899年の統計開始以来最小を更新する見通しになったことが、このほど厚生労働省がまとめた人口動態統計で分かりました。
 一方、死亡数は戦後最多の136万9000人に上り、自然による減少数は44万8000人と過去最大になる見込みです。

 なお、出生数は2016年より初めて100万人を割り込んでから3年連続、死亡数から出生数を差し引いた自然減は、2007年から12年連続で続いています。
 また。結婚は前年比約1万7000組減の59万組で、こちらも戦後初めて60万組を下回っています。
ちなみに、離婚数は20万7000組と前年比5000組の減少となっています。

今後、子どもを持ちたいと願う人たちが希望通りに産めるようさらなる対策を講じるとともに、着実に進める必要性が改めて求められることとなり、特に教育負担の軽減が推進への大きな課題だと考えておりますので、その実現に世田谷区からしっかりと取り組んでまいります。

 

 

アーカイブ
PAGE TOP