ひろとBlog

人間力

さて、議員や候補者が「座右の銘」などとしてよく使われているのが、「誠実さ」とか「至誠天に通ず」が多いといわれています。

逆に言えば、それだけ政治の世界に誠実さが欠落しているのかと、思ってしまうのは私だけではないだろう。

誠実で知られた人物として有名なのは、経済界の父とも言われた渋沢栄一がいる。
渋沢栄一は、どんな時でも目の前にいる人に心のすべてを注いで応対する態度を終生貫いた。相手が偉いか、偉くないかは関係なく、ともかく目の前にいる人に全精力を傾ける、その姿勢に相手は、心を開き、惹かれていったそうです。

誠実な言葉、誠実な応対こそが、人の心を動かし、物事を成し遂げる力ではないのでしょうか。すなわち誠実さとは、その人の人間力と置き換えられるかもしれない。

厳寒の2月。まだまだ寒い日が続くが、誠実こそが困難を乗り越え、すべてに勝ち抜く力の源泉であると確信し、地域に対話の花を咲かせてまいりたい。

アーカイブ
PAGE TOP