ひろとBlog

しぶんぎ座流星群 1/4がピーク

今年もあと残り3日間となりました。
さて、毎年出現する三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が、来年1月4日の夜明け前に出現ピークを迎えるそうです。

国立天文台は「今回は月明かりがなく、来年の流星群の中では最も観察条件が良い」として、防寒に注意して新春の天文ショーを楽しむよう呼び掛けています。

見えるのは3日深夜から4日の夜明け前だそうですが、前後2日は見えるチャンスがあるとのこと。
方角は北東の放射点から星が四方八方に流れるので、ぜひこの機会を逃さず、夜空の流星ショーを楽しんではいかがでしょうか。

chart_hrz_s

アーカイブ
PAGE TOP