ひろとBlog

人工乳房に保険初適用

 厚生労働省の諮問機関となる「中央社会保険医療協議会」が12日の総会で、乳がんで乳房を全摘出した後、乳房の再建に使用する人工乳房について、本年7月から公的医療保険を適用することを承認しました。

 人工乳房の保険適用は初めてとなります。

対象となるのは、アラガン・ジャパン社製の人工乳房(価格6万9400円)と、人工乳房を埋め込みやすくするために乳房周辺の皮膚や組織を伸ばす拡張器となります。
 ただし、乳がんで乳房を全摘出し、乳房を再建する場合に限り適用となります。

保険適用によって、患者は原則3割の負担となります。

また、公的医療保険には、がん治療などで医療費が高額になる場合、1ヶ月の窓口負担を一定額以内に抑える高額療養費制度があるため、自由診療に比べて、経済的な負担は大幅に軽減されることになります。

アーカイブ
PAGE TOP