ひろとBlog

世界が異常な猛暑

 WMO(世界気象機関)によると、今年6月から7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われています。
ヨーロッパ北部では高気圧の停滞のため、平年より3度から6度高い気温が続いており、雨が降らず水不足も深刻で、農作物への影響が懸念されています。

ノルウェーとフィンランドの北極圏で7月、気温が33度に達したり、スウェーデンでは約50件の森林火災が発生。
1913年7月に56.7度の世界最高気温を記録したアメリカ・カリフォルニア州デスバレーでは7月、52.0度を観測。
このほかアルジェリアのサハラ砂漠で51.3度に達するなど、世界各地で異常な高気温となっています。

カナダでは東部のケベック州で熱波に加え湿度も上昇し、高齢者ら数十人が亡くなる一方、東部のニューファンドランド島では6月26日に雪が降り、約2センチの積雪があったと地元メディアが報道しています。

 WMOは異常気象について「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析しており、今後は地球規模での更なる環境配慮への具体的な行動が急がれます。

アーカイブ
PAGE TOP