ひろとBlog

結婚について

 20代から30代を対象にした意識調査(国立青少年教育振興機構調べ)では、8年前の調査と比較して、
「結婚したい」「子どもは欲しい」割合が数ポイントずつ低下しているとのこと。
 また、現に結婚していない理由は、所得が低い層ほど「経済的に厳しい」が多く、高い層では「ひとりが楽」が増加するそうです。やはり経済面での見通しが、結婚や子育てに対する若者の考えを、大きく左右していることが推察できます。

 一方、明るい兆しとしては、2015年に行われた国勢調査の結果では実は男女とも未婚率がようやく上げ止まったことも明らかになっています。
全体では27.3%と2010年調査より0.2ポイント低下し、特に30代男性は38.9%と前回より1ポイント下がっています。これは戦後初めてのことだそうです。

 今は自治体でも婚活支援に取り組んでいますが、家庭を持つことによる責任感や使命感など社会や仕事にも良い影響をもたらすことも含めて、手を携えて家庭を築こうとしている、真剣に結婚を考えている、若い人たちへ何とか後押しできるよう、責任世代として応援していきたいと思います。

アーカイブ
PAGE TOP