ひろとBlog

国立西洋美術館が世界遺産に

 トルコのイスタンブールで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は17日、日本やフランスなど7か国が共同推薦した国立西洋美術館本館を含む建築家ル・コルビジェの建築作品17件の世界遺産文化登録が決定しました。

 国内の文化遺産は20件目で、東京都内の世界文化遺産は初めてとなります。
また、作品群が大陸をまたいで登録されるのも初のケースとなり、改めて20世紀を代表する建築家コルビジェ氏の幅広い創作活動に敬意を表す次第です。

 私も議員の前職が設計事務所に勤務していましたので、サボァ邸やロンシャンの礼拝堂など他に例を見ない先駆的な方法で建築に革命を起こした人物として、フランク・ロイド・ライト氏とともに称賛されてきたのは周知の事実です。
 その一翼が日本にも西洋美術館として残存していることは素晴らしいことであり、かつ近代建築の顕著な表れとして、永久的に継承していけることを願うばかりです。

アーカイブ
PAGE TOP