ひろとBlog

睡眠不足が情緒不安定に

 1日に4時間半程度しか眠れない睡眠不足が5日続くと、うつ病や統合失調症などの患者に似た脳機能の一部低下が生じ、情緒不安定になることが、このたび明らかになりました。

 国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長らが健康な20代半ばの男性14人で実験した検証結果をこのたびアメリカ科学誌「プロス・ワン」で公表。

研究内容では、睡眠不足は蓄積されてひどくなるが、眠気や倦怠感に比べて抗うつや不安などの情動的な不安定は自分で気づきにくく、週末のいわゆる「寝だめ」では回復しきれない部分があると考えられ、注意が必要」と分析を述べています。

就労形態や生活リズムの多様化によって、食生活、食習慣が大きく変化しており、それらに伴い生活リズムに偏重をきたし、その結果身体的へ様々な影響を及ぼしていることを改めて裏付ける研究結果に頷けます。

それだけ人間の身体的、精神的な安定と医療との深い関係を重く捉え、食生活、食習慣なども含めた観点を今後、政策へも生かしていかなくてはと思います。

アーカイブ
PAGE TOP