ひろとBlog

認知症不明者 昨年1.7万人に

 このほど警察庁のまとめで昨年1年間に全国の警察に届け出のあった認知症の行方不明者が、前年比1064人増の1万6927人だったことが、分かりました。
 統計を取り始めた2012年以降、6年連続の増加となりました。

警察庁によると、都道府県別では大阪が最多の2117人、埼玉1782人、兵庫1585人となっており、男性が9274人、女性が7653人。
 ちなみに昨年中に所在が確認されたのは、2017年以前の届け出分も含めて1万6227人。
路上や用水路などで倒れて見つかるなどして死亡が確認された方は508人となっています。

 ご本人やご家族だけでは対応が困難な状況が反映されていることを踏まえると、自治体における細やかな見守り体制の構築が不可欠です。
 世田谷区における条例制定をさらに加速させていきたいと思います。

アーカイブ
PAGE TOP