ひろとBlog

サンタクロース

今日24日はクリスマスイブ。

街ではクリスマス商戦真っ盛りですが、その一方で景気は依然として低迷。

なんだか暗い雰囲気もあり、のんびりとクリスマス気分に浸っている場合では・・・・。

という方も多いようです。

今日、ある新聞記事にこのような記事が掲載されていました。

「サンタクロースって、ほんとうにいるんでしょうか?」
1897年、アメリカのニューヨーク・サン新聞社に8歳の少女から問い合わせの手紙が
届いたそうです。

新聞社は早速、社説でこう応えたそうです。

「サンタクロースがいるというのは、けっして嘘ではありません。
この世の中に、愛や、人への思いやりや、真心があるのと同じように
サンタクロースもたしかにいるのです」 (サンタクロースっているんでしょうか?偕成社)

この名回答の社説は、以後1906年まで9年間にわたってクリスマスになるとサン紙に
登場した、そうです。

どんな困難な状況であっても、夢と希望と”こころ”の温もりを忘れてはいけませんね。

その事が、未来を担う子どもたちの夢と希望を叶えることに繋がると思う。

アーカイブ
PAGE TOP