活動報告

オウム抗議デモへ

 小雨降るあいにくの天気でしたが、今日は午後から、第14回になるオウム真理教抗議デモが

挙行され、区議会の特別委員会に所属している私もデモから参加いたしました。

14時より、烏山区民センター広場より、参加者一同が会し、シュプレヒコールをあげながらの行

進となりました。

img_0281_1.jpg

その途中、拠点となっているGSハイムとサンサンマンションへ向い、「アレフ」と「ひかりの輪」へ

直接、抗議文を手渡し、早期の解散や退去を求めました。

img_0283_1.jpg「ひかりの輪」代表へ抗議文を手渡す

img_0286_1.jpg「アレフ」代表へ抗議文を手渡す

その後、烏山区民ホールまでデモ行進を進め、

img_0287_1.jpg

続いてホールにて講演会が開催。

img_0288_1.jpg

今回の講師は、地下鉄サリン事件被害対策弁護団事務局長の中村裕二弁護士と 地下鉄サリン

事件被害者の会代表の高橋シズエさんを招いて「サリン被害者の闘いは終わらない」と題しての

の講演となりました。

img_0289_1.jpg

本年6月11日に、参議院本会議にて「オウム真理教犯罪被害者等を救済するための給付金の

支給に関する法律」が成立したことの大きな意義や、将来の大規模テロ事件にの被害者に対す

る迅速な救済についてなど、多岐にわたりお話していただきました。

アーカイブ
PAGE TOP