ひろとBlog

産後うつ予防へ助成

厚生労働省は、精神的に不安定になりやすい妊産婦への支援を強化する一環として、「産後うつ」を予防するため、原則本人負担の健診費用への助成を2017年度から始まります。
特に、2018年度からは高度な周産期医療を担う病院の指定要件に精神科との連携を加えて、態勢を整えることになります。

出産した女性の10%程度は産後うつの疑いがあるとされ、対策が遅ければ、育児放棄や虐待につながるおそれもあります。

健診費用の助成は産後2週間と1ヶ月の計2回分を予定しており、1回5000円が上限となる予定です。
これは初産で産後うつの疑いが最も多いのは産後2週間だった点を重視しての制度設計になっているそうです。

世田谷区においても、全国で先駆けて「産後ケアセンター」を開設しており、今後こうした医療機関とともに産婦人科や助産所との連携よる産後ケアネットワークを更に強固にしていきたいと考えています。

アーカイブ
PAGE TOP