ひろとBlog

清掃工場における放射能測定について

 大型の台風もようやく収まった?ような感じですね。

 さて、東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴って、東京23区内の一般廃棄物処理における影響を確認するため、東京都では23区内の各清掃工場の焼却炉で発生する灰等の放射濃度等測定を継続実施しています。

 このたび第2回目の測定結果につきまして、明日21日に東京23区清掃一部事務組合ホームページにて掲載と報道機関への情報提供を行うそうです。

 よって世田谷区内の世田谷清掃工場、千歳清掃工場の2ヶ所にてついて対象となります。

 私が確認した速報値では、特に問題はありませんが、詳細はぜひ皆様の目でご確認ください。
 
 なお、今回の測定より新たに飛灰処理汚泥、排ガス(煙突)及び放流水等の測定項目が追加されています。
 ただ、世田谷清掃工場は、5月31日から焼却炉の稼働を停止しており、放流水以外は調査対象物がありませんし、千歳清掃工場は、飛灰処理を行っていませんので、測定はしていませんので、ご注意ください。

 

 

アーカイブ
PAGE TOP