活動報告

区議会第1回定例会 その2

定例会の3日目となる24日は、一般質問の後半が行われ、私が登壇いたしました。
一般質問としては、約1年ぶりになりますが、以下について質疑を交わしました。

1)メンテナンス産業の確立について
・自治体における技術者不足をどう乗り越えるのか。
・建設・土木業を区内産業に位置づけながら、市場化すべきと考える。
2)災害時における帰宅困難者受け入れ拠点の整備について
・災害時拠点強靭化緊急促進事業の活用は?
・受け入れ拠点の防災力を高める最低限の整備を進めよ。
3)景観整備機構について
・景観行政団体として10年、今後の展開は?
・新たな仕組みとして世田谷トラストへ景観整備機構の指定を支援せよ。

特に、景観整備機構については、近年増えている多様な住まい方に象徴される狭小ワンルームマンションや脱法ハウス、重層長屋など良好な住環境とはいえない状況が起きています。
そうした自分たちの街を守るために地域の方々の活動を支援する組織が景観整備機構です。
建築行政の法制では限界があるのを景観行政の法制で一定程度規制できればと考えています。

来週からは各常任委員会、特別委員会が開催され、本定例会にて上程された議案について審議を行います。

アーカイブ
PAGE TOP