活動報告

行政視察 福井・各務原へ

世田谷区議会の都市整備常任委員会にて、11日(水)から12日(木)にかけて行政視察へ行ってまいりました。
今年の視察先は、福井市と各務原市へ。
福井市では、
「中心市街地活性化について」
「賑わいの道づくり事業について」
各務原市では、
「住みよい都市づくりについて」
「水と緑の回廊計画について」
それぞれ事業の説明と現場見学をしてきました。

福井市では、快適な都市環境と市民生活の利便性の向上を図るべく、賑わいの道づくり事業を実施し、電線類地中化や歩道の段差解消、景観に配慮した舗装など、北陸新幹線開業へ向けて積極的に取り組んでいました。

福井市から事業の説明を受ける

柴田勝家やお市の方で有名な柴田神社             右側の銅像は柴田勝家



各務原市では、「夢ある都市」をテーマにした都市ビジョンを基軸に取り組みを展開しており、平成20年に「日本都市計画学会賞」「日本まちづくり大賞」を受賞。
地方自治体間で世界唯一の国際コンクールである「住みよい都市づくり国際コンクール2009」で銀賞を受賞するなど、国際的な評価の高い事業を促進しています。


水と緑の回廊計画の一環である各務原自然遺産の森にある市営斎場「瞑想の森」(設計:伊藤豊雄氏)


特に、各務原市は行政と市民が一体となって、地域における生活環境と良好な景観の創出に積極的に取り組まれていることが参考となりました。
住民のみなさんの”我が街”に対する思いが響いてきた印象です。

アーカイブ
PAGE TOP