ひろとBlog

やっぱり!ブーメラン

昨日、民主党代表の小沢一郎氏が続投の表明をする会見をひらいた。

各マスコミも大きく報道しているが、結局、党執行部が主導して続投を容認する形で、収

めた感じである。

3月1日にブログで書いた「得意気なブーメラン」そのものになってしまった。

だから言わんこっちゃない。

view7854341

(24日午後9時半すぎ、東京・永田町の同党本部) 【時事通信社】

それにしても、わが世田谷選出で次期衆議院選挙東京6区から立候補予定の小宮山洋

子議員の今回に対する主張は、驚いた。

やはり、小沢代表へは胸に不満があっても公に反論することなく、なんとなく引っ張られ

ている、意見が言えない雰囲気があったが、

小宮山議員は明快に「お詫び、言い訳しな がら選挙はできない。代表を辞するべきであ

る」と発言した。

もちろん自身の選挙を考えてのことだろうが、他の民主党議員も、この姿勢を見習うべき

であろう。

本当に国民のためを考えて行動するならば、堂々と党内で論陣を張るべきである。

明日27日の党内における説明に注目したい。

事の本質は手続き論ではなく、多額の献金をどう説明するかである。

話は変わりますが、時同じくして。地方分権改革推進委員会の勧告を受けて、国家公務

員を削減するなどを盛り込んだ工程表が発表されたが、何と具体的な目標数値が明 記

されていなかった。

これには委員から批判が続出し、委員の一人である猪瀬東京都副知事も「麻生総理に

はがっかりした」と述べた。

私も同じ意見である。

真の地方分権を確立させなければ、日本は壊滅的な打撃を自らが打ってしまう危険性を

孕んでいます。

本当はわが党の議員が先頭に立って、こうした見えない2重、3重行政の抜本的

な改革に取り組むべき課題である。

アーカイブ
PAGE TOP