ひろとBlog

WBCと異体同心

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で侍ジャパンが2連覇を達成した。

今日の決勝戦における韓国戦は、本当に見ごたえのある真剣勝負そのものでした。

ちょうど区議会予算特別委員会の審議中で、休憩時間だけしか見れず、気になって
いましたが、延長の末、勝利を勝ち取った。

20090324-00000015-maip-base-view-000

イチロー選手をはじめ、全員が一丸となってそれこそもう一度世界一を奪い取

るという原監督の言葉通りの戦いを貫いた結果だと思う。

しかし、テレビでは決して映らないが選手として登録されていても、出場機会がほとんど

なかったり、ブルペンキャッチャーやブルペンピッチャ?といわれる裏方の功労者がいつ

も勝利の陰にいることを忘れてはならない。

こうした陰で支えてくれる人たちと共に選手全員が「異体同心」であったからこそ勝ち取

れた勝利であることは間違いない。

それにしても、10回表のイチローの執念のヒットには、底知れぬ精神力の強さを感じた。

本当におめでとう!本当にお疲れ様でした。

アーカイブ
PAGE TOP