ひろとBlog

新年にあたって

2005年がスタートしました。昨年は新潟県中越地震もあり、年末にはスマトラ島沖地震津波災害もあり、多くの方々が亡くなられ、負傷をされ、被災をされました。
心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧と復興を願ってやみません。

天災は避けて通ることはできないし、未然に防ぐことも難しいのが現状です。
2004年のUNEP(国連環境計画)の報告によると、将来、気候変動によって、洪水や旱魃が増大し、その結果、人口の大移動が起こり、国が脆弱化し、貧困がさらに拡大・悪化する危険性があると指摘しています。

今こそ、地球全体として、取り返しのつかない事態を招く前に、生態系の破壊防止や、社会的な不安定要因の問題に対しての取り組みに全力を挙げていかねばならないと思う。

創価学会池田名誉会長は、人類の未来を拓くカギは、人間の内なる変革、すなわち「人間革命」に帰着すると述べています。また、1996年コロンビア大学における講演でも、21世紀の人類が目指すべき「地球市民」の実像を、3点に要約されています。

1. 生命の相関性、すなわち縁起の法を深く認識する「智慧の人」
2. 人種や民族や文化の“差異”を恐れたり、拒否したりするのではなく、相互に尊重し合う寛容の心を持ち、成長の糧としゆく「勇気の人」
3. 身近に限らず、遠いところで苦しんでいる人々にも同苦し、連帯しゆく「慈悲の人」

このことを念頭に、今年は私、佐藤ひろとは

1. 現状を知り学ぶこと
2. 行動に立ち上がること

を決意をして、全力で頑張ってまいりますので、よろしくお願いします。

アーカイブ
PAGE TOP