ひろとBlog

節水へのご協力を

 いよいよ8月に入りましたが、豪雨で大きな被害が発生している一方で、首都圏の水がめである利根川水系の取水制限を受け、関東の各自治体では住民に節水へのご協力を呼び掛けています。

 例えば水源の8割を同水系に依存する東京都では、水道使用量の7割が家庭での生活用水です。
都水道局のホームページでは、
「歯みがきはコップに水を汲んで5リットルの節水」
「洗車はバケツで60リットルの節水」などの具体例を挙げて、家庭でできる主な節水方法を紹介していますので、ぜひご覧頂き、実施へのご協力をお願いいたします。

 また夏は熱中症の増える季節ですので、飲み水については、水道水で、十分な補給を呼び掛けています。

<家庭でできる主な節水方法>
〇3分かけていた洗面、手洗いを1分に短縮するだけで1回あたり24リットルの節水。
〇お風呂の残り湯を洗濯などで再利用すると1回あたり90リットルの節水。

 こうした契機に、私が提案し実現した「雨水タンク」の設置助成をご活用ください。
ゲリラ豪雨などの冠水対策にも、普段の散水や洗浄水、いざという時の緊急用水として、かなり使えます。

アッという間に、200リットルのタンクに雨水が溜まりますよ!

アーカイブ
PAGE TOP