ひろとBlog

薬物問題について

 先日、音楽業界で活躍されている若者の方から「薬物問題」に関する提言を伺う機会がありました。

 近年、有名芸能人の薬物事件に顕著なように、大学生をはじめとする若年層や主婦層へも、汚染が進んでおり、非常に憂慮しているとのこと。
 最近の若者でも、孤独感や不安からできる心の隙間に、薬物は忍び寄っている。
安易にネットなどで入手できることも含めて、人間を破壊する薬物は絶対に許せない!
との強いメッセージを受け取りました。

 特に、音楽を志す若者へは一般社会からすると、ドラッグをやっているような目で見られることもあるそうです。

 以前にも触れましたが、夜回り先生で有名な水谷修氏は
「世田谷が薬物密売地として、六本木、八王子の次に多いという事実を知っていますか?」との指摘を講演でされていました。

 大変、衝撃的な事実であり、我々世田谷区民としても、断じて薬物撲滅への戦いの手を緩めてはいけない!との決意で取り組んでいかねばならない!!
と深く強く心に誓いました。

 こうした同世代の方々と力を合わせて、我々大人が必死になって拡大防止へ努めなければならないし、若者を救っていかねばならない。
 それは大人の責任として・・・。

 

 
 

アーカイブ
PAGE TOP