ひろとBlog

お客様を感動させる最高の方法

今、この本を読んでいます。

ディズニーが教える「お客様を感動させる最高の方法」 日本経済新聞社

img_new_0002.jpg

つねにお客様の期待を超え、徹底的に細部にこだわるディズニーの顧客サービスは私も大変

に関心があり、自分でも何度も調べてみたくなったが、この年齢(46歳)でいまさら一人でディズ

ニーランドへ行くわけにもいかず、かといって3人の娘も大きいので、父親と一緒になんて言うは

ずもなく、どうしたものかと悩んでいたら、この著書が出版されているのを知って購入した。

早速、読んでいるが、ディズニーが高い顧客満足度を達成しつづけてきたがが、わかった気が

した。

ディズニーが全力を挙げて取り組む「感動の提供」への挑戦を内部の視点から書き綴って解説

している。

ぜひ読んでもらいたいので、ここでは詳細に触れないが、プロローグにこう書き記してある。

「浮き沈みの激しいわたしたちの業界では、過去の栄光に固執することも、いま、手にしている

名誉に酔うことも許されない。


  時代も、わたしたちを取り巻く状況もめまぐるしく変化する。

だからこそ、つねに将来に向けて目標を設定しつづけなければならない。」

ウォルト・ディズニー

まさにその通りであり、行政サービスも同様で、区民は納税者であるとともに顧客である。と私は

思う。

そうであれば行政としては、一人一人の区民を徹底的に理解し、サービスを磨き続け、気配りを

厭わないし、かつ難度の高い顧客サービスを展開すべきである。

また議会や議員としては、区民の代表であるがゆえにそのサポートを区民と行政のパイプ役とし

て役割を発揮しなければならない。

翻って言えば、私たち自身が常に人格を磨き、日々「感動の提供」への挑戦を忘れずに邁進

しなければならない。そう深く強く実感した1冊であった。

アーカイブ
PAGE TOP