ひろとBlog

高齢者の見守りについて

依然として100歳以上の高齢者の安否が確認できない、所在が不明という事態が
収まる気配がない。

 東京都も全市区町村に一斉調査を行うよう指示をした。

世田谷区では、昨年より区内高齢者の実態調査をおこなった。
その結果では、独居高齢者や高齢者のみ世帯が増加している一方で、社会や地域から孤立化、孤独化する傾向が顕著にみられる結果でもあった。

 高齢化が未だ加速している現在では、いかに局地的な地域で総体として高齢者を見守れるネットワークを構築することが急がれていると感じる。

 併せて「すまい」の確保が困難な時代にも突入していると言っても過言ではない。
特に、民間賃貸アパートにお住まいの方は意外と多く、その建物の多くが老朽化に伴う建替えのため、立ち退きを余儀なくされるケースもある。

 こうした課題に直面している現状をいかに把握し、迅速に政策を立案し、区政に反映できるか。
 
 高齢者見守りネットワークと低所得高齢者専用賃貸住宅の実現を
何としても勝ち得たい!
 

アーカイブ
PAGE TOP