活動報告

高齢者専用賃貸住宅を視察

せまりくる高齢社会における「すまい」の確保が喫緊の課題として、取り組んでいる
私たちは本日、政調会にて高齢者専用賃貸住宅事業を展開している「学研ココファン」へ視察と意見交換に訪問いたしました。

高久則男議員と平塚敬二議員と同行しました。

視察場所は、日吉にある「ココファン日吉」。
当施設は、自立型と介護型にそれぞれ確立されており、元々UR都市再生機構の土地を横浜市との共同によるプロポーザル(公募)によって、事業者選定されたとのこと。

介護型高齢者専用住宅のエントランス

建物全容 手前に見えるのが自立型高齢者専用住宅エントランス

その要件として、有料老人ホームのように入居金や一時金など預からない、あくまでも一般の賃貸住宅として地域密着型の集合住宅を求めていたそうです。

取締役の木村氏から、貴社の事業概要や展開について、さらに当施設の案内を
丁寧に説明してくれ、後半は今後の高齢者の「すまい」についてや世田谷版高齢
者専用賃貸住宅実現へ向けた課題や可能性を探れる、大変に有意義な意見交換を
行うことができました。

それにしても、かなり緻密にかつ、地域実情に応じたタイムリーさ、また変化の多い
社会情勢を冷静に判断しながらの事業展開に貴社の実力を感じました。

私たちが高齢者層の中で、一番手を差し伸べなくてはならない層について一致したことは、民間感覚とズレていないことが確認できたことがよかったと思う。

アーカイブ
PAGE TOP