活動報告

予算特別委員会が開会

本日より、世田谷区議会平成21年度一般会計ほか5件の特別会計を含む予算審議が始

まりました。

今日は、「総括質疑」です。

私も公明党を代表して、質問に立ちました。

※実は監査委員は、この予算委員会には出席できるんです。

質問内容は、以下のとおり。

●区独自の公務員制度改革の必要性について

●家庭的保育事業(保育ママ)について

質問のなかで、明治大学の中邨章教授の「分権時代の自治体改革」についての記

事から、非常に興味深い内容が掲載していましたので、取り上げました。

それは、「ワールド・バリューズ・サーベイ」という世界的なネットワークを通じて、世論調査をしている機関が次の質問をしています。

問1:行政を信頼するか

psc_002

日本は68.2%とドイツの77.4%に次いで第2位です。

その一方で、

問2:将来の課題は個人責任か行政責任かには

psc_001

日本は諸外国と比べて、なぜかこの先も「行政に依存する」と答えた方が、40.8%。

日本では政府や自治体を批判している反面、将来をどうするか?と聞かれると「行政がや

るもんだ」という傾向性が強いことが見て取れます。

これを中邨教授は「みのもんた症候群」と呼んでいます。

行財政改革に伴って、職員が減少している一方で区民ニーズは高まり、更なる充実を求められる。

ゆえに理想と現実の狭間で、歪が生じているのではと問題提起をしました。

職員を増やせとは言えませんが、限られた予算内でいかに最大の効果を上げることがで

きるかが今後の大きな課題となります。

アーカイブ
PAGE TOP