活動報告

国有地を活用した公益施設の整備が実現へ

 世田谷区はこれまで平成25年度の保育施設整備の新追加対策の一つとして、売却予定の国有地の更なる活用に向けた国への要請を行ってきましたが、このたび財務省より、下馬4丁目に所在する国有地(放送大学跡地)について、約1,500平方メートルを世田谷区に保育所敷地として定期借地による貸付を行うことを決定しました。

 さらに、保育所敷地以外の約5,253平方メートルについても、「国有地財産関東地方審議会」の答申を受け、都市公園敷地として無償貸付及び時価払いするとの処理方針も併せて決定をいたしました。

 この事業については、私も我が党も政策として提案をし、議会においても議論を交わしてきましたが、実現への一歩を踏み出すこととなりました。

 本日、世田谷区よりプレス発表もされましたが、世田谷区としても地価が高いデメリットを除外する政策として、引き続き有効活用に取り組んでまいります。

 

アーカイブ
PAGE TOP