ひろとBlog

高齢者の万引き防ぐ電話相談が来月より実施へ

 万引きを繰り返す高齢者やその家族向けの全国初の電話相談を、東京都が6月4日から約1か月間、実施することになりました。

多発する高齢者の万引きは社会問題になっており、背景には精神疾患や生活苦が指摘されています。
都はこうした高齢者に福祉事務所や専門の医療機関を紹介し、抱えている問題を解決して万引きの再発防止につなげる考えがあるとのこと。

警察庁の統計によると、2016年に万引きで検挙された65歳以上の高齢者は2万6936人で、同年の刑法犯検挙者数全体の12%を占めています。
高齢者が万引きする原因や対策を検討する有識者の研究会を設置し、そこでは衝動的に窃盗を繰り返す「窃盗症」や認知症が影響している場合は地域の介護・医療サービスに、生活苦が背景にある場合は福祉施策につなげる必要性を指摘していました。

同相談は無料で、対象は都内に住む高齢者と家族、家主などの関係者で社会福祉士や精神保健士が相談を受け、内容に応じて最寄りの認知症専門の医療機関や福祉事務所を紹介することになります。

電話相談 03-6907-0511
実施期間は6月4日から29日(土日を除く)の午前9時から午後5時。

もし、お心当たりがある方は本人や家族だけで悩まずに、まず電話で相談してほしい、とのことですのでご利用ください。

アーカイブ
PAGE TOP