ひろとBlog

不急の110番が200万件

 先日公表された全国の警察が昨年1月から11月に受理した110番通報は852万4175件で、前年同期より7万件余り減ったことが、警察庁のまとめで分かりました。

 しかし、24.3%に当たる約207万件が「公衆トイレに入ったけど紙が無い」「スマートフォンのパスワードを忘れた」などの、全く事件や事故と関連のない、いわゆる110番になじまない通報があったとのこと。
 こうした要望や照会、虚報、誤報など、緊急対応が不要な通報は0.2%増の206万9889件に上りました。
この数値は同期間の統計が残る2004年以降、11年連続で200万件を超えたことになります。

 警察庁では、「緊急でない相談などは専用電話『#9110』を利用してほしい」と呼び掛けていますが、未だ普及・啓発が整っていないようです。

 それにしても、一般的に110番にあたる通報は判別がつくとは思いますが、改めての周知を徹底しなければと実感しました。
 
 

アーカイブ
PAGE TOP