ひろとBlog

スーパークールビズがスタート

 6月に入り、毎日真夏の暑さを感じる日が続きますが、夏の職場を軽装で過ごす「スーパークールビズ」が1日から始まり、省庁の環境省ではアロハシャツやポロシャツなど思い思いのスタイルでの出勤が目立ちました。

 実は世田谷区役所や議会では、既に5月1日より「クールビズ」を実施していますが、昨日も都内の気温は午前11時に28.5度を記録するなど暑さ対策は毎年恒例となりました。

 環境では、地球温暖化防止や省エネを目的に、5月から半年間、冷房時の室温が28度でも快適に過ごせる服装を推奨しており、特に東日本大震災後、電力不足への懸念から、この時期は一層の意識啓発や軽装の推奨を勧めています。

 仕事柄なかなか軽装には・・・という方がもいらっしゃるとは思いますが、脱原発依存の第一歩は自らの省エネ行動、エネルギー負荷軽減を身近な機会から取り組んでいきましょう。

アーカイブ
PAGE TOP