活動報告

区議会定例会会期中です

 区議会定例会も本日で3日目。

一般質問も終了し、その後、区同意人事議案が2件上程されました。

1件目は、世田谷区教育委員会教育委員任命の同意について。

那須秀康教育委員会委員長が、任期満了に伴い後任に中野里香氏が 候補に推薦され、

若井田正文氏(教育長)も同様に任期満了に伴い、こちらは再任の推薦となりました。

この同意議案に関して、推薦人の熊本区長に対する質疑並びに同意に対する意見表明が、民主党・無所属連合、社民党、レインボー世田谷、無党派市民からありました。

特に、 若井田正文氏(教育長)に対するこれまでの指導力や実績に関しての評価を客観的に疑問視をするなどの批判が相次ぎました。

確かに公教育に対しての信頼感や教育委員会における不祥事が社会的にクローズアップされていることもあり、本当に教育現場における課題を改善する体制なのか、形骸化しているのではとの指摘も議会ではされてきていた。

「受くるは易し、持つは難し」とあるように、安逸や名利を求めず、児童・生徒のために生き抜ける人間が必要であって、そう志を持っている教師が生かされている教育環境なのか、が今、一番求められている。

だから、うまくいく時もあれば、そうでない時もある。

そのことを恐れず、現実の結果を真摯に踏まえながら、常に前へ進んでいける教育委員会であってほしい。

もう一件は、監査委員の選任です。

大西幸男監査委員の任期に伴い、新しく安井規雄氏(弁護士)が選任されました。

大西監査委員とは、私も1年半の間、一緒に監査の立場で仕事をさせてもらいましたが、本当にバランス感覚のとれた方で、柔軟な発想をお持ちの人格者であられた。

退任されるのは、大変に残念ですが、いつまでも健康にご留意され、ご活躍して頂ければと思います。

また本日、プレス発表されましたが、緊急経済対策として、世田谷区が中小小規模事業者への「小口零細資金緊急特別融資」を発表し、5年間ゼロ金利の創設を発表しました。

以下のとおりです。

img_new_0003_1.jpg

アーカイブ
PAGE TOP