活動報告

サービス付き高齢者向け複合施設の開所式へ

本日はあいにくの雨となりましたが、このたび世田谷区南烏山において整備が整ったコーシャハイム千歳烏山(サービス付き高齢者向け賃貸住宅及び保育所等併設施設)が竣工し、4月1日からの運営開始に先立ち開所式が行われました。

私は区議会福祉保健常任委員会の委員長として出席をしてまいりました。
開所式では、主催者の挨拶として東京都住宅供給公社から概要の説明があり、複合施設となるそれぞれの運営事業者の紹介や事業内容の説明がありました。

特に、住宅供給公社を建て替え後、中高層化に伴い創出された余剰地に地域密着型の公益的な施設整備が完成したのは、都内及び区内では初めてとなります。
同施設では、住宅のほか、レストラン、高齢者居宅支援施設、コミュニティカフェ、認証保育所、病児・病後児保育施設、クリニック(内科、小児科)、調剤薬局が併設された多機能型複合施設となります。
もちろん入居者以外での利用が可能です。

IMG_NEW_0001

挨拶する保坂世田谷区長

挨拶する保坂世田谷区長

コミュニティカフェ

コミュニティカフェ

認証保育所

認証保育所

内覧させていただいた施設については素晴らしく、安心して住みやすい空間と雰囲気が整っていました。
ただ、入居基準となる費用については、やはり中堅所得者層に設定されており、低所得高齢者への入居にはハードルが高い印象を受けました。

今後の大きな課題は、地域における高齢者の住まいあり方の選択肢を低所得高齢者向けへの整備へ加速させていきたいと思います。

アーカイブ
PAGE TOP