お知らせ

年金受給資格が短縮!心当たりあれば電話相談を

 公明党が推進した無年金者救済法により、公的年金受け取れるのに必要な期間が25年から10年に短縮されました。
よって、新たな受給者への年金支給が既に10月から始まっています。
実際に年金を受け取るには「年金請求書」を年金事務所へ提出する必要があります。
対象者には、日本年金機構が今年2月末から7月上旬に、請求書の入った黄色の封筒を発想していますが、届いてなくでも心当たりのある方は「ねんきんダイヤル」に電話をしてみてください。

 「ねんきんダイヤル」0570-05-1165
(050で始まる電話は03-6700-1165)

月曜日:8:30から17:00
火曜日から金曜日:8:30から17:15
第2土曜日:9:30から16:00

なお直接、地域の年金事務所、年金センターを訪れる方は予約してからの訪問をお勧めしたします。

アーカイブ
PAGE TOP