活動報告

団地リノベーションを視察

今日は暑い一日となりましたが、午後より区議団7名にて「団地リノベーションプロジェクト」を展開している板橋区高島平団地へ行ってきました。
現地では、同事業を共同でおこなっているUR都市機構と(株)ムジハウスの担当者の方と意見交換ならびにモデルハウスを見学させて頂きました。

このプロジェクトは西日本の千里ニュータウンから「団地が理想の家になる」とのコンセプトで、始まり、5団地にて実施し、東日本ではこの高島平団地が最初とのことです。

老朽化した団地の再生とムジハウスがターゲットにしている20代から40代の若者へのニーズに合った暮らすスタンダードの提供とが融合した事業のような気がします。

001003


モデルルームも拝見しましたが、改めて感じたのは団地はとても贅沢な立地条件で建てられていることです。風通しはよく、見晴しは最高で、建物の間隔も広く、光や風がよく通り、緑と水に囲まれています。
もしかすると現在ではなかなか実現が難しい一方で、これからも都市部に住むには最も良い選択肢かもしれません。

こうした手法で世田谷区においても、特に低所得高齢者の方への住まいとして提供できないのか、そこを追及して政策立案していきたいと考えています。

アーカイブ
PAGE TOP