活動報告

川場村への視察

本日、区議団にて世田谷区と縁組協定を結んでいる群馬県川場村へ視察へ
行ってきました。

実は何故、今回川場村への視察へ行くことになったのかと言うと理由は2つ。

1つには、区議団の1期生は未だ川場村を訪れたことがない。
2つには、過日の団政策会議にて川場村産の木材を活用した事業を展開しようと
林業についての現状と流通性や製材加工など、具体的にどのように行われてい
るのか。

以上のテーマについて、今回は研修を行ってきました。

川場村役場

利根沼田組合にて間伐材を利用したベンチを見学

利根沼田森林組合の製材工場

後山展望台より望む川場村

川場村はご存知のように、世田谷区と都市間における縁組協定を締結して
何と来年で30周年を迎えることになっています。

さらには、豊かな自然環境に恵まれ、里山や田園風景を生かしたアルカディア
(理想郷)を目指した地域づくりに取り組んでいます。

特に近年、産業振興が盛んで農産物では川場村「コシヒカリ」は日本一の評価
を受け、観光面では道の駅「田園プラザ」が関東好きな道の駅で5年連続1位に
選ばれています。

さらには来月早々、皇太子殿下が同村を訪れるそうで、大変に活気のある村と
して、成果を挙げられています。

我が党としては、そんな川場村との長年の縁組をさらに発展させるべく、林業の
再生と都市における”木のぬくもり”を感じてもらえるような事業を展開したいと考え
ております。

具体的には、15日から始まる世田谷区議会第3回定例会にて。
質問内容は、こちらからどうぞ → 質問内容

アーカイブ
PAGE TOP