活動報告

保育士確保へ

世田谷区が、保育待機児解消へ向けて新たな試みを開始することになりました。

記事によると、保育士の資格を持っていながら、保育業務に携わっていない人への

雇用促進を目的とした研修・相談会を行う内容となっている。

IMG_NEW

確かに保育現場は労働条件の悪化や環境の変化が大きく、近年は資格を持ちながらも保育現場から離職する方が増えている。

我が党も、保育待機児解消へ向けて本園、分園の増設を求めてきたが、

今は、民間委託もしくは民営化が基本のため、民間事業者の協力がなければ

成り立たないのが現状です。

そうした事業者へのサポートとして公共がその役割を果たす一環が今回の
試みになったのでは考えます。

お心あたりの方はぜひご参加ください。

アーカイブ
PAGE TOP